直虎が住んでいたエリアでは、「雉」を「鷹の鶏」と呼んでいて、「鷹狩り」をするときに扱う獲物としては最高の鶏としてきました。
徳川家康は鷹狩りを憧れ素晴らしく行っていました。
当時、お正月最初の鷹狩りのときに、直虎がガイドを通じて家康といった直政を会わせることに成功し、その結果として井伊建物のマイホーム再興もかなったということから縁起のいい物とされています。
あんな雉を、浜松産のお米で作った酢ごはんと合わせて「遠州雉寿司」は作られています。

遠州雉寿司が食べられるのは、「酒肴遊善 座房」だ。
浜松市中区田ストリート323-6 Y2ビル5階におけるお店だ。
出世ごはんとして人気の食道楽、遠州雉寿司を摂るには、事前予約が必要となります。
1社会は、2,000円(税込)だ。

酒肴遊善 座房では、出身浜松のとれたての根底として旬の炊事を提供しています。
定番の和食炊事から女好みのデザートまで様々な炊事を楽しむことができます。
酒肴遊善 座房は、じねんジャンルだ。
ジャンルで根底をアライアンス買い付けしています。
舞阪みなとや浜名湖から新鮮な魚介系統を水揚げし、遠州地方から地元の新鮮な野菜を直農家から仕入れていらっしゃる。
そのため買い付け状況によってその日お出し始める計画は変わってきます。
当日の計画に関しては、お店に直問い合わせをしておく必要があります。
断然遠州雉寿司を召し上がるには、事前予約を通じて置き、今日用意することができるのかどうかを確認しておくといいでしょう。
お寿司の場合、主題は変わってもお寿司自体が涸れることはないは思います。
有名浜松食道楽の雉寿司、浜松を訪れた人はとにかく試してみてください。http://ミランダカーダイエット.xyz/