キッチンをリノベーション狙う!とお考えのマミーの人はたいてい多いでしょう。
ただし、リノベーションというと案の定大金がかかって来るよね。
多少なりとも安くリノベーションできたらいいなというおよそ誰もが思うでしょう。
一層、キッチンそれでもリビングも寝室もどこでもそうですが、細長い民家ならば狭苦しいなりに
敢然と余分も扱うことが大事だと作者は考えます。
決して下にものを捨て置くので、その荷物や商品が大きいやり方だったら余分をかしこく利用していることになるのですが、
あまりにも低やり方だったりすると、フロアーの面積だけ空白に使ってその商品の上の部分の余分がすごーく
惜しいな・・と感じることってありませんか!?
作者の民家も5自身一生で25へーべーってとても狭苦しいので、どんなに余分をうまく使うか、維持をどんなに
上手くするかに関してにかかってきます。
あまりフロアーにものを雑然ととおくと自身も通りがたいし、見栄えもよくありませんよね。
ひたすら無駄な余分をなくして上手く収納するかです。
食器棚なんかも、最初は小さめのものを2個程度でよかったのですが、子が増えたり
商品が増えたりするうちに、2つの食器棚だけではやけにたりなくなってきてしまいました。
今では、当初の2つの食器棚にプラスして一層小さめの食器棚ひとつって、食器棚ではない
不揃いな棚をひとつおいてある。
そして維持棚を置くことによって、今までギュウギュウパンパンにつめていたものが
ちょっぴりブランクができて、引っこ抜き易くなりました。DUO ザ クレンジングバーム