浜松の呼び物グルメと言えば、「うなぎ」だ。
美味いうなぎを採り入れるために浜松へ訪れるツーリストも少なくありません。
浜松の都心を走れば、あちこちにうなぎ屋くんがあります。
浜松の養鰻仕事場で構成する漁協法人では、井伊ストレート虎ゆかりのグルメを売り出してある。

浜名湖産のうなぎによる「浜名湖うなぎ弁当」。
2総数あって、一門が「家康」、すでに一門が「直虎」という弁当だ。
・「家康」…職人のアーム焼きしたうなぎが1尾当たりかば焼きとなってあるお弁当だ。
約120グラムのかば焼きでボリュームがある結果男性に勧告、プライスは2,300円(税込)だ。
プログラムは、紺色ののしが巻かれていて、徳川お家の家紋、葵紋が入っています。

・「直虎」…職人のアーム焼きによるかば焼きが幾らか小ぶりで約90グラムあるお弁当だ。
本数が安めなので女性に勧告、プライスは1,800円(税込)だ。
プログラムは、えんじ色合いののしが巻かれていて、井伊お家の家紋が入っています。

鉄道浜松ターミナルのターミナルビルに入って掛かる「メイワンエキマチ」の法人直売店頭や、横のビルの管理食堂「丸浜」で買うことができます。
都心を観光するほどの時間はないけれど、浜松に幾らか出掛けることができたやつは、ターミナルビルで買える結果買い求め易いと思います。

食堂で大体売られている、うなぎ弁当は、作業場で同時に焼いたものを使っています。
但し今ご紹介した浜名湖うなぎ弁当は、アーム焼きだ。
その証拠にうなぎの側面を見ると、串を刺したあとの盲点が開いてある。
うなぎもやわらかくて美味いだ。http://www.hollandiatours.nl/